遠藤研究室

DNA解析による系統推定-molecular phylogeny

特定のDNA領域における塩基配列の異同から、植物の系統関係を推定する研究。DNAの解析技術はもちろんのこと、解析対象とする植物の試料収集と正確な同定が重要となる。得た系統樹を用いることで、形質進化過程の推定や植物系統地理学的研究を推進できる。


Choi, B.-H., Seok, D.-I., Endo, Y., & Ohashi, H. 2006. Phylogenetic significance of stylar features in genus Vicia (Leguminosae): an analysis with molecular phylogeny. J. Plant Res. 119: 513-523.(マメ科ソラマメ属の分子系統解析を行い系統樹を推定。花柱の形質が系統関係を反映する形質であることを推定した。)


Endo, Y., Choi, B.-H., Ohashi, H., & Delgado-Salinas, A. 2008. Phylogenetic relationships of New World Vicia (Leguminosae) inferred from nrDNA Internal Transcribed Spacer sequences and floral characters. Systematic Botany 33: 356-363.(南北アメリカ大陸におけるソラマメ属の分子系統解析を行い、系統樹を推定。アメリカ大陸のソラマメ属が3つの系統から成ることを推定した。)

ソラマメ連分子系統樹

Endo, Y., Choi, B.-H., Kakinuma, D., Kenicer, G., Zhu, X.-Y., & Ohashi, H. 2010. Molecular phylogeny of Vicia sect. Amurense (Leguminosae). J. Jpn. Bot. 85: 337-349.(東は日本から西はチベットまで分布するマメ科ソラマメ属ノハラクサフジ節植物に注目し、分子系統解析を行った。図は核DNAのITS領域を比較して得たソラマメ連の分子系統樹。ノハラクサフジ節を含む。)

茨城大学理学部生物科学コース
Copyright Yasuhiko Endo. All rights reserved.